イビサクリームのやってはいけない間違った危険な使い方!

イビサクリームには正しい使い方があって、その通りにしないと効果が現れないだけでなく、とんでもない肌トラブルが起こってしまうこともあるんです。

あなたはそんなやってはいけない危険な使い方をしていませんか?

 

間違いを知った上で、効果的な正しい使い方もきちんと覚えて実践しましょう♪

 

 

イビサクリームの間違った危険な使い方

 

イビサクリームの安全性を過信してしまい間違った使い方でトラブルになる人がいます。

その危険な方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

陰部・肛門の粘膜部分に直接塗る

陰部・肛門(Iライン・Oライン)は体のなかの器官と繋がっていて、どこからが境目なのかが分からない非常にデリケートな部分です。

こうした柔らかい粘膜部分は腕や足などの皮膚とは違って膜1枚でできているので防御機能がしっかりしていません。

そこに直接塗ってしまう使い方はかなり危険なのでやめましょう!

 

クリームを塗ることで、バイ菌や細菌を防ぐためにある粘膜の分泌を妨害してしまうおそれもあって、正常な機能を果たせなくてトラブルになる可能性があります。

 

それから粘膜部分は防御機能が低いせいで薬用成分が必要以上に効いてしまって問題になることも考えられます。

 

 

目の近くに塗るとかぶれる?!

目も粘膜部分の一つで非常にデリケートなところです。

「目の周りのシミをなくしたい」という思いから使いたい気持ちは分かるのですが、目に入ってしまってトラブルになることもありえますよね。

イビサクリームはちくびやVラインの他にも、腕・足・脇・顔など全身で使えることがひとつのウリでもありますが、さすがに粘膜部分に塗っていいものではありません。

 

そのことを理解した上で、自己責任で目の周りのシミ消しに使うことになりますね。

 

 

口・くちびるの近くに塗る

 

口・くちびるに直接塗ったり、近くに塗るのもやめたほうがいいですね。

 

特に口は食べ物・飲み物を入れるところなので、塗ったクリームが口内に入り込みやすいです。

ペロッとなめただけでも入り込む可能性は高いですよね。

 

ごく少量なら口に入っても腹痛になることはないと思いますが、くちびるや口に塗ることを想定したクリームではないので、やはりやめたほうがいいです。

くちびるを保湿するのが目的なら、専用のケア商品であるリップクリームを使う方が安全で確実です。

 

 

妊娠中・授乳中に塗ると赤ちゃんに影響が?!

妊娠をすると体のホルモンバランスが崩れて肌荒れや乾燥肌を起こしてしまう人も少なくありません。

また、授乳が始まる産後のための準備として妊娠中に胸が大きく膨らんできて、同時にちくびが黒ずんできます。

「一生このままなんじゃないか」と不安になるママさんも多いです。

 

こうした理由からイビサクリームでちくびの黒ずみケアをしようとする方もいます。

でもですね。妊娠中の使用は私はオススメできません。

 

妊娠中に摂った食事は全て体内の赤ちゃんに栄養として運ばれます。

それと同じで、肌に塗ったものも肌から吸収されて血液として体内を回り、やがて赤ちゃんにも微力ながら影響を与えます。

 

イビサクリームの説明書きには「妊娠中の場合は専門医にご相談の上ご使用を検討してください」と書いてあります。

今のところイビサクリームを使って赤ちゃんに影響を与えたというクレーム・口コミはありませんが、大事を取って使用はやめておいたほうがいいですね。

どんな影響を与えるかまだ分からないことが多いので、使用は控えたほうがいいと私は思います。

 

ちくびの黒ずみケアを始めるなら赤ちゃんを産んで授乳期間が終わった後が良いです。

授乳期間中はまだ赤ちゃんがおっぱいを吸うので、絶対にちくびには塗っちゃダメですよね。

おっぱいから離れて粉ミルクに完全に移行したら、ようやく黒ずみケアが始められます。

 

 

生理前の敏感肌期での使用

生理の前は、女性ホルモンのひとつの黄体ホルモンが影響を及ぼして、乾燥肌などの肌トラブルが起こりやすいんです。

生理前の約14日間が一番敏感肌になっている時期です。

 

人によってはその時期は塗るのを避けたほうがいい方もいるかもしれませんね。

 

イビサクリームは徹底的に肌に優しい成分で作られていて、炎症をおさえて肌の調子を整える成分が配合されていますが、それでもトラブルが起こる可能性は0%ではありません。

 

ただ、イビサクリームの口コミを見ていても「生理前を避けて塗りました」なんて使い方をしている人はいませんし、毎日使い続けてこそ効果が出るものなので、気にして制限する必要は特にないです。

生理によって起こる体調不良は人それぞれ程度が違うので、平気な人は全然平気です。

 

 

もし肌トラブルが起きてしまったら…

  • かゆくなった
  • カサカサになった
  • ピリピリとした痛み
  • できものができた

もしイビサクリームを使い始めてから、普段は感じない肌の異常・違和感を感じたら、すぐに毎日の使用をやめてください

多くの人に安心して使ってもらえるようにできたクリームですが、体調が悪くて健康状態が優れない時期などに使っても問題が起こらないとも言い切れません。

 

 

28日間の全額返金保証を利用しましょう

イビサクリームには返金保証制度があって、注文日から数えて28日以内であれば商品代金を返してもらうことができます。

 

肌に合わなかった場合はこの制度を利用して返金してもらいましょう。

 

ただし、イビサクリームを楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなどで購入した場合は、この全額返金保証は受けられないので注意してくださいね。

保証が受けられるのは、商品の提供元である公式サイトからの購入のみです。

 

全額返金保証がついて36%OFFで購入できるのはこちらです♪

イサビクリーム公式サイト

 

イビサクリームの効果的な正しい使い方

イビサクリームが持っている力をしっかり発揮するために、きちんと正しい方法で使うようにしましょう♪

 

【イビサクリームの正しい使い方】

  1. 1円玉くらいの大きさになる量を手に取る
  2. 黒ずみケアしたい部分に円を描いて塗り込む
  3. お風呂上がりと朝の1日2回これを繰り返す
  4. 毎日塗り続ける

 

基本的には1円玉くらいのクリーム量ですが、塗る箇所の広さによって量は調節しましょう。

足の付根のVラインに塗る場合は範囲が広いのでクリームが足りなくなることと思います。

しっとり感を感じられる程度にまんべんなく塗れると良いです。

 

 

イビサクリームの使用頻度は、お風呂上がりに1回、朝起きて1回の1日2回がオススメです。

お風呂上がりって皮膚がふやけているので防御機能が失われている状態なんです。

なのでお風呂から上がってすぐに肌ケアをしないと肌内部の水分まですぐに乾燥してしまうんです。

 

乾燥は肌の黒ずみの原因の一つですから、お風呂上がりの保湿ケアの意味でイビサクリームを塗ってあげてください。

裸なので塗りやすいというのもありますね♪

 

 

朝起きてからもう1回塗るのは、継ぎ足しの意味があります。

1日1回だけの塗布だと24時間ものあいだ効果を持続させるのは難しいんです。

かといって出かけている間にトイレなどで塗るのも大変なので、出かける前の着替えのタイミングで塗るということです。

また、夜寝ている間に新しい肌細胞が作られているので、そこに潤いを与えてあげるという意味も込められています。

 

お風呂上がりと起きた後の1日2回を基本として、毎日継続して黒ずみケアを行いましょう♪

 

 

シミ・黒ずみからはみ出して塗らない方がいい??

他の黒ずみケア商品の中には、シミの部分からはみ出さないようにして塗らないといけないものもあります。

黒ずんでいないの肌の部分も必要以上に白くしてしまい、不自然になってしまうからです。

 

でもイビサクリームはシミ・黒ずみから多少はみ出して塗っても何も問題はありません

神経質になって綺麗にぬる必要がなくて、ササッと終わらせることができます。

 

公式サイトでは「気になる黒ずみ部分よりも1cmほど大きく塗ってください」とも説明しています。

赤ちゃんの肌でも使えるほど肌にやさしい成分で構成されているので健康な肌に塗っても全然大丈夫ですよ。

 

 

イビサクリームはたっぷり塗ると効果倍増?!

利用者の口コミを見てみると、「たっぷり塗ったら黒ずみ解消できました!」という声もあるのが事実です。

効果を感じるためにはケチケチするのではなく、ある程度適量を塗る必要はあります。

 

でも気をつけてもらいたいのがベタつきです。

必要以上にベトベトに塗ってそのまま服を着たり下着をつけるのはよろしくありません。。。

 

「保湿効果高そう!」とベトベトに塗るまではいいのですが、服についてしまったらもったいないですし意味ないですね。

 

「たっぷり使って早く黒ずみを治したい!」という資金潤沢な方は、『2度塗り』という方法がオススメです。

 

一度目を普通に塗って、それが乾いたらさらにもう一度塗るという方法です。

 

DIY(家具などの手作り)をやってる人だと分かるんですけど、塗料を塗る時って薄めに塗って乾かしてから重ね塗りする方がムラがなくて綺麗に仕上がるんですよね。一気にたくさん塗ると内部が乾いてなくて塗装が剥がれることもあります。

 

クリームも厚塗りをしてしまうと乾燥に時間がかかりますし肌にもあまり良くありません。

イビサクリームの利用者の中にはこんな口コミをする人も。

 

★★★★★

ムレてかぶれました

 

気温が高かった時に塗ってすぐにショーツをはいたら少しムレたようで、できものができました。

それ以来、塗ってちょっと乾かしてからショーツをはいたらできものが治り、新たにはできなくなりました。

 

デリケートゾーンだとムレてかぶれるということもあるので、ベトベトにするのだけは避けましょうね♪

 

 

1日3回以上塗っても大丈夫?

お風呂上がりと朝起きてからの1日2回が基本として説明しましたが、3回以上はダメなのでしょうか??

 

そんなことはないです。

むしろ1日2回よりも3回以上のほうが効果が期待できてオススメです。

クリームを何度も足して塗ることで乾燥を防いでくれて、さらに成分の肌への浸透も高めることができます。

 

ただし昼間に塗り忘れてしまって気持ちが落ち込んでしまったり、無理に続けることがストレスになるくらいならやめたほうが良いと思います。

 

肌ケアで何より大事なのが継続すること

モチベーションが高いうちは1日3回も4回もできるのですが、毎日継続していくうちにだんだん疲れてくるものです。

 

だって毎日の体操やウォーキングも同じじゃないですか?

テレビやなにかの影響を受けて「よし!やろう!」と思った時は頑張れますけど、途中で理由をつけてやらなくなってきます(笑)

 

  • 今日は天気悪いからいいや
  • 昨日頑張ったから今日は休憩♪
  • 仕事が忙しくなってきたから無理
  • ひざがいたい

まぁー続かないですよねw

1回あたりの負担が大きいほど毎日続けるのが難しくなります。

なのでトレーニングを始める時は一気に大変な量をこなすのではなくて、まだ余裕なうちにやめとくほうが長く続いたりしますよ。

 

イビサクリームでの黒ずみケアに期待が高まるのはいいのですが、はりきって最初から頑張りすぎると途中で続かなくなったり、クリームがなくなったりしてしまいます。

なので最初は様子を見ながら基本に従ったほうが良いと思います。

 

イビサクリームは肌細胞の再生と一緒にゆっくり黒ずみ改善していくクリームです。

効果を感じるためには最低でも2ヶ月、そしてもっと効果を感じられるようになるには半年間を目指して毎日塗り続けていきましょう。

 

イビサクリームが36%OFFでお得に購入できるのはこちらです^^

イサビクリーム公式サイト

 

 

よろしければこちらのページも参考になってください♪