ちくびの黒ずみにヨーグルトは効果なし?!一生後悔する最悪の結末

ちくびの黒ずみ解消にヨーグルトを塗ると良いと聞いて、いろいろ調べた方もいると思います。

ヨーグルトという身近にある安い食品を使って手頃に黒ずみケアできれば、病院やサロンに行って治療するよりも安上がりでイイですよね。

 

ヨーグルトって健康のために毎朝食べている人も多いと思います。

でも体に塗って本当に大丈夫なのでしょうか??

 

一生後悔するかもしれない恐ろしい結末が待っているかもしれないので、きちんと最後まで読んでください…。

 

 

ヨーグルト療法をオススメしない7つの理由

 

私はヨーグルトを塗る方法は絶対にオススメしません

以下に理由を述べていきますね。

 

 

手順が面倒くさい

まずはヨーグルトパックを作るところから始まります。

そこからして結構面倒です。

 

 【ヨーグルトパックの作り方】

  1. ザルとキッチンペーパーでヨーグルト(無糖)をこして水分を取る
  2. 冷蔵庫に入れて半日寝かせる

 

そして塗り方にも手順があります。

できたヨーグルトパックをちくびに塗って、5分ほどおいてからシャワーで洗い流します。

 

 

終わったらシャワーを浴びないといけないんです。

というか、5分待っている間は裸?!

 

お風呂場でスマホでもいじって待ってれば良いのでしょうか。

すぐに洗い流れちゃうし頭や体を洗っている間に行うのも難しそう。

 

なんか想像しただけでも続かなさそう・・・。

 

 

保存がきかない

ヨーグルトには消費期限が記載されていますが、これって未開封の時点での期限ですよね。

開封後はどれくらい持つものなのでしょうか?

作ってからどれくらい持つのかも分からないものを何日使いますか?

 

また、スプーンや容器に雑菌が含まれているとそれがヨーグルト内で一気に繁殖します。

余談ですがヨーグルトを家庭で作れる「ヨーグルトメーカー」で食中毒事件がまれに発生しているそうです。。。

 

 

かぶれることがある

ちくびって体の中でもかなりデリケートな部分です。

日頃日光が当たってない場所なので皮膚も弱いですし、ちょっとした刺激でかゆくなったりしやすいところです。

 

人によってはブラの素材なんかでもかぶれるって言いますからね。

そんなところにヨーグルトを塗って本当に大丈夫なんでしょうか。

 

何日か置いているうちに雑菌が繁殖している可能性だってありますよ?

ヨーグルト自体が菌の集まりです。

腸に対しては善玉菌として働いてくれますが、肌にはどうでしょう。

 

調べてみると、やはりヨーグルトの乳酸菌が肌トラブルの原因になる場合があるみたいです。

問題ないという保証なんてどこにもありません。

 

 

毎日継続して塗らないと効果がない

肌のケアで大切なのは毎日継続して行うことです。

パッと思いつきで行ってもすぐに治るものではなく、時間をかけて徐々にゆっくりと治していく必要があるんですね。

 

肌細胞の誕生から死滅までの肌サイクルは、平均で28日の時間がかかります。

なので効果が現れるとしても1ヶ月後が最速です。

 

そのために毎日毎日ヨーグルトを塗り続けて肌に成分を浸透させる必要があります。

しかも1ヶ月で終わりではありませんよ。

1ヶ月後も効果は少しだけなので、それ以降もさらに毎日続けていかないといけません。

 

上でも言いましたけど、手順が結構面倒です・・・。

ずーーーっと続けるのはかなり大変ですよ。

 

 

ヨーグルトに保湿効果はない

ちくびの黒ずみケアのために何より大事なのは保湿です。

黒ずみができる原因のひとつが乾燥による肌ダメージだからです。

 

保湿クリームを塗るだけでも肌にとって必要な水分が保たれて正常な肌サイクルとなり、余計なメラニン色素の蓄積を抑えることができます。

みんなが顔に化粧水を使っているのも、シミを作らないように肌の調子を整えるためですよね。

 

それと同じように、黒ずみを作らないためにちくびにも保湿が大事なんです。

 

・・・でも

ヨーグルトパックにはその保湿の役割がありません

なにしろ5分塗って洗い流すわけですからね。

 

 

肌の奥にある黒ずみには効果が薄い

ヨーグルトでの黒ずみ解消は肌の表面だけのものです。

 

よく考えてみてください。

水分を抜いたただのヨーグルトですよ。

黒ずみケア成分だけでなくいろんなものが入っています。

 

古い角質層の黒ずみを薄める効果には期待できますが、表面より下の肌内部には効果はどうしても弱くなってしまいます。

 

肌の奥まで浸透して効果を与えるには、やっぱりそれに特化した成分で作られたクリームである必要があります。

 

 

乳製品アレルギーになる可能性がある

肌荒れしてダメージを受けやすい部分に普段塗らないものを塗るとアレルギー反応が出てしまうことがあります。

口からの摂取でアレルギーを発症するのではなく、肌に触れることで異物と判断してアレルギーになってしまうということが最近の研究で明らかになりました。

 

アレルギー反応って今までの蓄積が積もり積もって発動するって話はどこかで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

なので今は大丈夫でもヨーグルトパックを毎日続けることでアレルギーになってしまう可能性もあります。

 

もし乳製品アレルギーになったら。。。

ヨーグルトやチーズは食べられないのはもちろん、牛乳が入ったケーキやアイスクリームも食べられなくなってしまいます。

私の友達にも乳製品アレルギーの人がいますが、食べ物の制限が本当に多くて大変だと言っています。

 

【乳製品アレルギーで食べられなくなるもの】

  • 牛乳
  • 乳酸菌飲料
  • ヨーグルト
  • チーズ
  • パン
  • ケーキ
  • チョコレート
  • シチュー
  • アイスクリーム
  • カレー
  • スープ
  • 紙パックジュース(牛乳と同じ工場の紙パックの可能性があるため)

 

摂取することで全身がかゆくなって、落ち着くまでに半日以上かかったり、喉が腫れ上がって呼吸が困難になってしまう人もいます。

一度アレルギーになってしまうと現代医療では完治は難しく、摂取を控えながら一生付き合っていくことになります。

 

 

黒ずみケア専用のクリームってないの?

保湿ができてメラニンを減らしてくれる黒ずみケア商品ってないのでしょうか??

しかも肌にもやさしくてかぶれない。

そんな理想のクリームあるわけな・・・

 

ありました!

黒ずみケアに効果があると認可を得たクリーム

イビサクリームです!

イビサクリームの商品詳細はこちら↓

 

イビサクリームの特徴6つ

イビサクリームは黒ずみケア専用に作られたクリームで、美白効果のある成分や肌ケアに必要な保湿成分、デリケートな部分にも優しい成分で構成されています。

 

特徴①
メラニンの生成を抑える「トラネキサム酸」配合

肌細胞の生まれ変わりの中で発生する色素細胞メラニン(メラノサイト)。

この発生を活性化させる細胞の働きをおさえて黒ずみ改善してくれるのが「トラネキサム酸」です。

シミ対策の高級な化粧水なんかにも採用される成分なので効果に期待できますよね。

 

この成分の有用性は国からも認められていて、イビサクリームは医薬部外品として認定を受けています。

「メラニンの発生をおさえる美白効果がある」として表現することが許された商品なんです。

 

 

特徴②
肌サイクルの正常化を促す「グリチルリチン酸2K」

肌の炎症を沈静化して調子を整え、正常な肌サイクルへと導いてくれる成分「グリチルリチン酸2K」が配合されています。

 

「グリチルリチン酸2K」は、その抗炎症作用が認められて化粧品でもよく使われています。

ニキビや肌荒れを防ぐクリームなんかによく入っている成分です。

 

医療の現場でも抗アレルギー剤としても使われる成分なので、肌がかゆくなりやすい方でも利用できるやさしい仕様になっています。

 

 

特徴③
たっぷり8種類の保湿成分

肌ケアに絶対必要な保湿。

イビサクリームには肌の潤いを保ってくれる成分が8種類も入っています。

  • 乳酸ナトリウム
  • 1,2-ヘキサンジオール
  • グリセリン
  • ローズ水
  • 1,2-ペンタンジオール
  • BG
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • シロキクラゲ多糖体

 

このいろんな種類の保湿成分のおかげで長時間潤いを保ってくれるんですね。

 

肌は潤いを失うと表面から荒れていって、肌サイクルが乱れてしまいます。

するとよりダメージを受けやすくなって黒ずみも出やすくなってしまいます。

 

保湿をして肌サイクルを正常化することによって、健康な肌がバリアーになって外部の刺激から守られるようになるんです。

イビサクリームにはこの好循環を生むための保湿成分がたっぷり入っています。

 

 

特徴④
購入や使用が周りにバレない

ヨーグルトでちくびの黒ずみケアを目指そうと思った理由として、「周囲にバレたくない」という気持ちも少なからずあったのではないでしょうか??

 

ヨーグルトなら毎朝食べる人も多いですし、頻繁にスーパーで買ってても誰も何も気にしません。

「美容にいいらしいよ」と言えば水分を抜いたヨーグルトが冷蔵庫にあっても家族に怪しまれる心配もありません。

 

黒ずみケア専用商品を買おうと思ったら薬局やドラッグストアに行って商品を探さないといけなくて、近所の人に目撃される不安もありますよね。

だから「ヨーグルトならいいかな~」と気になったのかもしれませんね。

 

でもイビサクリームはそんな心配は無用です。

イビサクリームはネット通販でしか購入できないのですが、それがかえってメリットにもなっています。

 

ネット通販であればスマホ・PC・タブレットひとつで商品選びをじっくり自分一人でできるので、歩き回る手間や購入の恥ずかしさなんかはありません。

 

また、イビサクリームは伝票に商品名を記載することなく送ってくれて、入れ物も目隠しして梱包してくれるので黒ずみケア商品だと気づかれることもありません。

 

近所の人だけでなく、配達のお兄さんや商品受け取りした家族にもバレずにすむんです。

しかも、イビサクリームのデザインが結構オシャレなので、化粧ポーチに入れてたとしても黒ずみケア商品だなんて気づかせることもありません。

「保湿クリームなの~」といえば簡単に信じてもらえますよ。

 

 

特徴⑤
28日間の全額返金保証

万が一肌に合わないという人のために、全額返金保証というものがイビサクリームにはついています。

注文日から数えて28日以内の申請で、商品代金が返ってくる制度です。

 

これがあるおかげで、「敏感肌だから心配」「以前ほかのクリームで肌に合わなかったことがある」「かぶれないかしら」と不安な方でも気軽に挑戦することができるんですね。

 

 

特徴⑥
使い方も手間いらずで簡単

 

イビサクリームはクリームの伸びが良くてスッと肌に馴染んで、ベトつかないので下着をすぐにつけることができます

 

塗り方はお風呂上がりに1回と、朝起きて出かける前の1回の1日2回

お風呂後の乾燥を防ぐために必要な1回と、1日中効果を持続させるために必要なもう1回というわけです。

 

塗ってから洗い流したりする手間がないので楽チンですし、ずっと塗った状態にしておくことができるので時間をかけて肌に浸透させることができるんです。

 

 

イビサクリームの使用上の注意やデメリット

イビサクリームは口コミでも効果があったとよく言われるすごいクリームですが、いくつかのデメリットに気をつけて使用しなければなりません。

 

良くない部分も知った上で購入するほうがミスが少ないですからね。

ここで全部さらけ出していこうと思います。

 

効果に即効性はない

イビサクリームの利用者の口コミの共通点は、2~3ヶ月の使用をして効果を実感する人が多いということです。

1ヶ月未満のレビューもありますが、そういう方は黒ずみの改善効果はあまり感じていません。

 

このページの最初の方でも説明しましたが、人間の肌サイクルは約28日間で回っているので、黒ずみのケアはゆっくり時間をかけて治す必要があります。

 

イビサクリームは肌の奥まで浸透してメラニンの生成をブロックする効果がありますが、今すでにあるメラニンまで白くする効果は高くありません。

つまり、肌細胞が完全に新しく生まれ変わるまでは効果を実感するのは難しいということです。

 

イビサクリームは最低でも2~3ヶ月は使用を継続していく必要があることは最初から理解しておくといいと思います。

 

 

28日間の全額返金保証は公式サイトからの購入のみ

イビサクリームは楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングでも購入できますが、それらの販売店には全額返金保証がついていません

基本的には開封後はどんな理由であれ返品不可なのです。

 

でもイビサクリームの公式サイトからであれば開封後・使用後であっても返品が可能です。

 

特に敏感肌で肌荒れが心配な方は、返金保証を受けられる公式サイトからの購入をオススメします。

 

 

お得に購入するには定期コースへの加入が必要

イビサクリームを最安値で購入しようと思ったら、公式サイトから購入するのがオススメです。

通常は1本7000円で販売しているイビサクリームですが、公式サイトでの購入だと最安値で税抜4470円になります。

全国どこでも送料無料ですよ。

 

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングでは6000円~8000円の価格帯で、在庫も不安定で売り切れのことも多いのでオススメできません。

1本使い切ったので次のを買おうと思ったら…「在庫切れ」ということもあるんです。

 

公式サイトで購入するのが間違いなく一番安く手に入れられます。

しかも安定供給なので在庫切れの心配なしです。

 

公式サイトでは最安値で買えるのでお得なのですが、特に気をつけなければならないことがあります。

 

それは「集中ケアコース」と呼ばれる定期コースの申請が必須だということです。

毎回注文しなくても、毎月自動で1本ずつ送られてくるコースですね。

 

  • なんか後々面倒かも…
  • 使えずにたまってきたらどうしよう
  • お金たくさんかかるんじゃ…

そんな心配もありますよね。。。

 

でも大丈夫です。

イビサクリームの定期コースは継続配送の一時停止ができるのでペースを遅らせることも可能です。

また、解約したい場合は2回目の商品受け取り以降ならすぐに解約が可能です。

 

メーカーとしては最低2ヶ月利用してもらって効果を実感してほしいので、こうした制度にしています♪

 

次の商品受け取りの7日前までに電話で連絡をすれば解約が可能ですが、時間帯によっては電話が繋がりにくい場合があるので早めに連絡すると良いと思います。

お昼休みの時間や夕方はやっぱり電話が混み合うみたいです。

 

楽天市場でイビサクリームを2本買うよりも安い値段で、公式サイトでは3本買うことができます。

初めから継続利用をしようと考えている人だったら、公式サイトからの購入が間違いありませんね。

 

 

ちくびにヨーグルトを塗るのをオススメしない理由のまとめ

ヨーグルトを塗るという自己流の療法は、雑菌が繁殖するという衛生面の問題があったり、塗るのに手順や注意点が多く手間がかかるうえに効果が薄いのでオススメできません。

5分待ってシャワーというのも毎日続けるためにはハードルが高く感じますよね。

 

アレルギーになったりかぶれたりしても自己責任で、誰を責めることもできないので私は絶対に使用できません。

 

ちくびの黒ずみでお悩みなら、解消のための専用クリームイビサクリームがオススメです♪

 

肌荒れを防ぐケア成分や保湿成分で構成されていて、メラニンの生成をおさえる効果が国から認められたケアクリームです。

 

  • 温泉に遊びに行きたいのに
  • かわいい水着が着たい…
  • 彼氏にガッカリされたくない
  • 産後の黒ずみが気になる
  • 以前より濃くなったかも
  • 周りの目が気になる
  • 年齢のせいかしら…
  • 脱衣所がイヤ
  • 自分で見てて悲しくなる

そんなコンプレックスに悩んでいる方は、やっぱり専用の黒ずみケアクリームで治すほうがいいです。

 

こちらのサイトからならイビサクリームを最安値で買えるほかに、全額返金保証もついています↓

気になる方は商品詳細も見て判断してみてください♪

イサビクリーム公式サイト