ちくびの黒ずみの原因と7つの解消法!あなたのケア間違ってない?

  • 彼氏にビックリされた
  • 周りの視線が気になって温泉に行きたくない…
  • 彼とのお泊りデートがあって不安…
  • 物心がついてからずっと

ちくびの黒ずみで悩んでいる女子は少なくありません。

 

ここではちくびの黒ずみの原因を知って、ピンク色を目指すための解消法7つを知って実践してもらいたいと思います♪

 

 

黒ずみで悩んでいるのはあなただけじゃない!

  • 前より茶色になってる?
  • くすみがひどい…
  • 前は気にすることなんてなかったのに
  • 色が濃くなった気がする…

アンケートによると20代~50代の女性のなんと約45%の人がちくびの黒ずみに関する悩みを抱いています!

 

意外と多いですよね。

みんな口にはしないだけで結構悩んでいるものなんです。

 

 

ちくびが黒いと周りにどう思われる?

普段は服で隠れているからいいものの、温泉やお泊りでふと脱いだ瞬間に見えてしまうちくび。

 

周りの人はどんな印象を抱いているのでしょうか??

 

男性側の意見

  • 遊んでいると思ってしまう
  • 興奮が冷めてしまう
  • 好みじゃない
  • 軽い女だと思ってしまう
  • 全てが台無しになる

 

女性側の意見

  • 男遊びしてきたのかなと思う
  • だらしなく感じる
  • 見えない部分は手を抜く人だと思ってしまう
  • 不潔に感じる

 

かなりショックなアンケート結果ですよね。。。

 

「男はそれしかないのかッ!」

とも思ってしまうのですが、大好きな彼氏のためだったらケアしておきたいですよね~。

 

不潔なんてこと全然ないのに、与える印象って怖いですね。。。

 

 

ちくびが黒ずむ原因ってなに?

赤ちゃんの時からちくびが黒いなんてことはありませんよね。

 

遺伝の可能性もありますが、多くの場合は生活環境から色が黒くなると言われています。

 

 

原因①
ちくびの摩擦

ちくびが黒ずんで見える理由は、肌を守るためにできるメラニンが蓄積されているからなんです。

 

 

日焼けをすると肌が小麦色になりますよね。

 

これも肌の防衛機能のひとつで、紫外線から肌を守るためにメラニンを生成しているので黒くなるんです。

 

ちくびもこれと同じで、摩擦などでダメージを受けると強い皮膚になろうとするんですね。

 

外からの刺激を受けると肌は基底層からメラニン(メラノサイト)を作り出します。

 

これがバリアーの役割を果たして肌の内部を守っているのですが、同時に肌を黒く見せてしまうんですね。

 

サイズの合っていないブラや服との摩擦が多いと、ちくびはダメージを受けて黒ずんでいきます。

 

 

原因②
ちくびの乾燥

ちくびの保湿が足りなくて乾燥状態だと、正常な肌サイクルができなくなってしまいます。

 

肌の表面がカサカサボロボロになると、どんどん新しい肌細胞を生成しなければいけなくなります。

 

「ん?新鮮な肌細胞が出て来るからいいんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、これは肌にとって良くない状態なんです。

 

肌サイクルが早すぎると、細胞が未熟なまま表面に出てくることになります。

 

すると皮膚はダメージをより受けやすくなって、黒ずみが加速してしまうんです。

 

さらに、肌細胞が未熟だと肌表面がカサカサになりやすいので、更に肌サイクルを不調にしてしまう悪循環を生み出すことになります。。。

 

 

原因③
間違ったお手入れ

古い角質を剥がそうとゴシゴシこすったり、カミソリで皮膚も痛めるようなお手入れをしていると肌はダメージを受けます。

 

ダメージを受けた肌は今まで以上に強くなろうとしてメラニンを生成して、結果として黒ずみができてしまいます。

 

 

原因④
肌サイクルの乱れ

 

睡眠不足・栄養不足・栄養摂取過多・ストレス・ホルモンバランスの乱れ・加齢などによって肌の調子は崩れてしまいます。

 

こうして肌細胞の生成サイクルが乱れてしまうと、メラニンが排出されずに黒ずみとして多く残ってしまうんです。

 

肌サイクルには個人差はありますが、健康な人の場合で約28日周期だとされています。

 

肌細胞の生成から終わりまでを28日間で行っているということです。

 

肌サイクルは早すぎても遅すぎても肌に悪影響です。

 

規則正しい生活リズムと食生活で、生活習慣を正さないといけませんね。

 

 

ちくびの黒ずみをケアする7つの解消法!

原因が分かったところで、黒ずみケアのために気をつけること黒ずみ予防策を見ていきましょう♪

 

 

解消法①
自分に合うブラを身につける

ちくびはブラとの摩擦の影響を一番受けてしまうデリケートな部分です。

 

胸の大きさに合わせたブラをきちんと選ぶようにしてあげないといけませんね。

 

小さめのブラを選ぶとしめつけがきつくなって、ちくびの黒ずみだけでなくストラップやワイヤーが当たる肩・背中・脇・アンダーバストの部分も黒ずんできます。

 

大きめのブラでブカブカだと動くたびにブラが揺れてちくびとの摩擦ができてしまいます。

 

 

バストトップ・アンダーバストだけでブラは選べるものではなく、谷間を強調するように作られたブラや、しめつけが少なくて楽なノンワイヤーブラなどいろんなものがあります。

 

さらに生地の素材の違いなどでもつけ心地は変わってきます。

購入する時には実際に試着してみて選べるといいですね。

 

 

またブラを洗濯する時には、型崩れを防ぐために洗濯ネットを使用して手洗いモードで洗うなどの工夫があるとなお良いです。

 

せっかく体にフィットしたブラを購入しても、洗濯で型くずれしてしまっては意味がないですからね。

 

 

それから、運動をする時にはスポーツブラを身につけるようにしましょう。

 

スポーツブラは運動による胸の上下左右の動きを制限してくれるので、ちくびの摩擦も生じにくなるようにできています。

 

ストレッチ素材やわらかい素材を使用しているので肌に優しいのもスポーツブラの機能の一つです。

 

激しい動きをするのが分かっている場合は必ずブラを着替えるようにしましょうね。

 

 

解決法②
保湿クリームを塗る

乾燥を防ぐために保湿クリームを塗りましょう。

 

クリームを塗ると乾燥を防げるだけでなく、ブラとの摩擦のバリアーになってくれたり、肌サイクルの正常化を助けてくれたりと良いことずくめです。

 

保湿クリームはお風呂上がりに塗って1回、朝起きて出かける前に1回の1日2回がオススメです。

 

お風呂上がりは体についた水分で肌がふやけていて、ダメージを受けやすい状態になっています。

 

肌の潤いを保つための保湿因子と呼ばれる成分が肌にはあるのですが、お風呂に入ると皮膚がふやけて成分が流れ出ていってしまっているのです。

 

バリアーがなくなっている状態なので、お風呂を上がると肌の内部の水分が一気に乾燥していきます。

 

これがお風呂上がりの保湿ケアが大事な理由ですね。

顔の化粧水だけでなく、カラダ全体をいたわってあげる必要があるんです。。。

 

 

また、寝て起きた後は肌細胞が新しく誕生している状態なので、新しい細胞が乾燥してしまわないように保湿する必要もあります。

 

朝起きてからのスキンケアもとっても大事なんです。

 

 

1日に何回か塗り直すことも大事なポイントです。

1日1回のお風呂上がりだけだと、どうしても1日ずっとは保湿成分は持ってくれません。

 

かといって仕事のお昼休みに塗るかというとそれも大変です。

なにより塗り忘れがありそう。。。

 

朝だったら着替えたりお化粧したり準備してから出かけますよね。

その時に塗るようにしてあげれば塗り忘れも少なくて済みます。

 

 

解決法③
優しく手洗いする

肌をゴシゴシこすって黒ずみを排出させようとするのは大きな間違いです。

肌サイクルを乱して黒ずみを増やしてしまう悪循環を生んでしまいます。

 

できるだけ刺激を与えないように、タオルではなく指先で優しく洗うようにしましょう。

 

また、お風呂上がりのタオルドライの時も、乾いたタオルでこするとダメージを与えて乾燥肌を招いてしまうので注意です。

 

タオルを肌にあてて上からパンパンと軽く押さえるようにして水分を拭き取るようにしてあげましょう。

 

 

解決法④
睡眠をしっかりとる

肌細胞の生成を主に行っているのは睡眠中です。

睡眠時には成長ホルモンが分泌されます。

 

思春期の成長期では背を伸ばしてくれる成長ホルモンですが、身長が伸びなくなってからも肌や髪の毛などの細胞の成長で活躍しています。

 

寝不足状態が続くと肌荒れがひどくなる経験をみなさんしてるんじゃないでしょうか。

 

ちくびの黒ずみケアをする上でも睡眠はとっても大事ですよ。

 

生活リズムを正してストレスを軽減し、ホルモンバランスを正すためにも睡眠はしっかり取るようにしてくださいね。

 

 

解決法⑤
適度な運動

肌サイクルの正常化に欠かせないのが適度な運動です。

 

運動によっても成長ホルモンは分泌されて、細胞の活性化を促してくれます。

 

 

また、運動によって脈拍が上がると血液循環も良くなり、肌細胞に新鮮な血液や栄養素も届きやすくなります。

 

具体的には1日20分以上の継続したウォーキングが望ましいです。

 

短い時間で行う筋トレや激しすぎる運動よりも、人としゃべりながらできるくらいの軽い有酸素運動のほうが効果的です。

 

 

とはいっても毎朝早起きしてウォーキングに出かけるのは大変でできないですよね。

 

エレベーターやエスカレーターを使う場面では階段を使うように意識してみたり、1駅分の距離なら歩いてみたりと、できるだけ毎日の生活の中で歩く距離を増やすようにしてみると続くかもしれません。

 

あと、激しすぎる運動はちくびの摩擦も危険なので要注意です。。。

 

 

解決法⑥
ビタミンCを摂る

ビタミンCは美白効果があるとされていて、多くの化粧品でも採用されています。

また、美白を目的としたサプリメントでもビタミンCは含まれています。

 

ビタミンCを多く含む食材は以下のとおりです。

  • アセロラ
  • レモン
  • パセリ
  • 海苔
  • ピーマン
  • キウイフルーツ

 

普段あんまり食べない…

という方はアセロラジュースがオススメです。

スーパーやコンビニなどで売っていて、ビタミンC含有量もたっぷりなので良いですよ♪

 

 

あとはサプリメントという手もありますね。

もっとストレートに美肌用のサプリを飲むのもアリですw

費用はお高くなってしまいますが。。。

 

 

解決法⑦
ニップレスをつける

ブラとの摩擦を抑えるためにサイズの調整が必要とお伝えしましたが、さらに摩擦を抑える技としてニップレスを使う手があります。

 

部活や趣味などで運動をするのでどうしても摩擦を避けられない場合などに使うと良いと思います。

 

 

ヌーブラという手もありますが、ヌーブラは夏だと汗で不快感があったりしてオススメできません。

 

また、絆創膏を使う方もいますが、かぶれてかゆくなることもあるみたいです。

 

 

シールタイプのニップレスは剥がす時に痛いこともあるので、シリコン製のニップレスがオススメですよ♪

 

洗って何度も繰り返して使うことができます。

 

 

ちくびの黒ずみへの効果が認められたクリーム

ちくびの黒ずみでお悩みのあなたに

オススメなのが「イビサクリーム」です。

 

イビサクリームの公式サイトはこちら

イビサクリーム

イビサクリーム 公式サイト 口コミ ランキング

イビサクリームは、ちくびやデリケートゾーンを始めとして、ワキ・ヒジ・ヒザ・おしり・二の腕・くるぶし・顔のシミなど全身に塗ることのできる黒ずみケアクリームなんです。

 

メラニンの生成をブロックして黒ずみをケアする効果が認められた成分「トラネキサム酸」が配合されています。

 

イビサクリームは医薬部外品として国から効果を認めらた成分を使っています。

 

効果が出る時間や程度には当然個人差はありますが、効果を期待することができますね。

 

 

実際の利用者の声でも「効果があった!」という口コミも多いです。

こちらのページも参考になさってください♪

イビサクリームの口コミから分かった効果や副作用まとめ

 

 

イビサクリームの6つの特徴

イビサクリームには肌を美白にしてくれる成分や保湿成分、肌荒れを防いでくれる成分などが盛りだくさんで配合されています。

ここでイビサクリームの6つの特徴をお伝えしたいと思います。

 

美白有効成分「トラネキサム酸」

化粧水やシミ消しクリームとして多くの化粧品で採用されている「トラネキサム酸」は、黒ずみケア効果があると国から認められた成分です。

 

メラニンの活性化を抑えてブロックしてくれるので、ちくびの黒ずみを徐々に薄くすることが期待できます。

 

肌荒れを防ぐ「グリチルリチン酸」

イビサクリームには肌荒れやニキビをケアする成分「グリチルリチン酸」が配合されています。

 

肌荒れを防いで正常な肌サイクルへと導いてくれます。

敏感肌な方でも使用でき、肌の状態をケアしながら黒ずみケアを行うことができます。

 

「グリチルリチン酸」についても、その効能が国から認められています。

イビサクリームには効果を認められた薬用成分をダブルで使用しているので安心なんですね。

 

 

8つの保湿成分

ちくびの黒ずみの原因として「肌の乾燥」というのがありました。

 

イビサクリームは8つの保湿成分がたっぷり配合されているので保湿クリームとしての効果も持ち合わせています。

イビサクリーム 保湿成分 安全性 副作用

  • 乳酸ナトリウム
  • 1,2-ヘキサンジオール
  • グリセリン
  • ローズ水
  • 1,2-ペンタンジオール
  • BG
  • ヒアルロン酸ナトリウム
  • シロキクラゲ多糖体

 

市販の安いクリームとは全然違う、高級な保湿成分を贅沢に使っています。

 

保湿成分たっぷりですけど全然ベトベトしてなくて、伸びもよくスッと肌に馴染んでくれます。

 

 

4種類の天然由来の成分でさらに美白サポート

  • サクラ葉抽出液
  • カモミラエキス
  • ダイズエキス
  • オウゴンエキス

 

保湿・抗炎症作用・美白作用などの効果が期待される天然の成分が入っていて、「トラネキサム酸」に加えて美白サポートをしてくれてます。

 

 

5つの無添加で安心

 

  • 合成香料不使用
  • 着色料不使用
  • 鉱物油不使用
  • アルコール不使用
  • パラベン不使用

 

デリケートな部分に使うものなので化学薬品や人工物はできるだけ使用したくないですよね。

 

イビサクリームは5つの無添加をうたっていて肌の敏感な方でも安心して使用できるようになっています。

 

日頃は服で守られている弱い肌の部分や、体の内側に近い部分でデリケートだったりする部分にもちゃんと使えます。

 

 

安心の日本国内製造

イビサクリームは品質管理にこだわって日本国内で製造しています。

徹底した管理と検査を行って丁寧に製造・販売しています。

 

 

海外の安い人件費に頼って利益をあげようなんてことは考えていません。

 

「良いものをお客様へ届けたい」というメーカー側のこだわりを持った信念や誠実性を感じますよね。

 

 

 

イビサクリームをお得に手に入れるならココ!

イビサクリームはどこなら購入できるのでしょうか。

また、どこで買ったら最安値でお得に買えるのでしょうか??

 

イビサクリームは市販されていません

黒ずみケアのための塗り薬をドラッグストアや薬局で探そうと思っても、全然置いてないんですよね。

 

美肌を保つための飲み薬やシミ消しのクリームなら市販されていますが、ちくびやデリケートゾーンのケア用品って市販されてないんです。

 

そもそもドラッグストアで買うのも恥ずかしいですよね。

 

 

イビサクリームも市販はされておらず、ネット通販で買うしかありません。

 

楽天やAmazonでも買うことはできますが、1本あたり6000円~7500円と高いのでおすすめできません。

 

 

お得な販売店はイビサクリーム公式サイト!

どこよりも安くてさらにいろんな特典を受けられる販売店は、こちらのイビサクリームの公式サイトだけです。

イビサクリーム

 

イビサクリーム 最安値 公式サイト 返品保証付き

 

  • 送料無料
  • コンビニ払い手数料無料
  • 初回購入は36%OFF
  • ネット通販最安値
  • 28日間全額返金保証付き
  • 美白ケアガイドブック付き

 

36%OFFで最安値でお得なうえに、全額返金保証決済手数料無料などがつきます。

 

返金保証のおかげで、万が一肌に合わなかった場合はお金を返してもらうことができます。

この返金保証は楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングなどではついていない特典なので、敏感肌の方は特に公式サイトを利用するようにしましょう。

 

あと、公式サイトで注文すると商品名や内容が分からないようにして伝票を書いてくれる配慮もあるので助かります。

家族や近所の方など誰にも知られることなく黒ずみケアができるのも嬉しいポイントです。

気になる方はイビサクリームの公式サイトもご覧になってください♪

イビサクリーム公式サイト